読み込み中…

金銀雅風

螺湮城新伝 第二話 ~ネフレン=カの章~

賢魔アトゥム、真理を閉ざす

セブンネットにて、好評発売中!

初回製造盤特典:複製サイン入りミニ色紙

セブンネット

物語

智を第一の価値観とする地、ネフレン=カ。 そこを訪れたキルヒコとヒイロは、とある事情からロビン・ロクスリーと再会し、彼の仕事を手伝うことになる。

王家の墓と呼ばれる謎の遺跡。その深奥に隠された秘密の解明。 ネフレン=カの王であるアトゥムは、なぜ王家の墓を閉ざしたのか。 ミヨイの真実、その一端が今明らかになる。

螺湮城新伝第二弾、ネフレン=カの章ここに開幕。

登場人物

アトゥム・ジェフティメス・イーベンラ

CV:間島淳司

ミヨイを五つに裂いて争う人の魔王一。 智を絶対の価値観とする人物だが、王家墓呼ばれ謎遺 智を絶対の価値観とする人物だが、跡に民が立ち入ることをなぜか禁じた。それはネフレン=カに動揺を生み、事態慌ただしくき始める。

お怒りかな、自称ミヨイの皇帝殿。そなたら二人のことは、すでに噂となっているぞ

アブドゥル・アズラッド

CV:一条和矢

智は万民に開かれるべきという信念のもと、アトゥムの命を無視して王家の墓に挑もうとする学士。 極めて優秀な男だが、真理を求める狂気的までの情熱から危険人物扱いされている。 勉強のしすぎで馬鹿になった奴、というのがロビンによる所感。

つまりだな。 知りたいという人の心を止めるなと言っているのだ

ロビン・ロクスリー

CV:内田雄馬

ヴルトゥームの支配者、オベロンの臣下である青年。 キルヒコたちに恩を返すという目的でネフレン=カを訪れ、再会を果たした。

前略、親愛なるアイヴァンホー。 俺は今、ネフレン=カにいる